タグ別アーカイブ: 便秘解消

朝からすっきりを目指そう!便秘解消には起き抜けが勝負。

毎朝トイレですっきりできると、一日とても快適に過ごせますよね。

朝の過ごし方に気を付けるだけで、便秘はかなり解消されます。

まず、目が覚めたらすぐに起き上がらずに、あおむけの状態で足首をぐるぐる回します。こうするとベッドや布団からすぐに起き上がるときに比べ身体がゆっくり目を覚まします。

次に両ひざを立てて、時計回りに優しくおなかをマッサージしましょう。両手で押すようにしたり揉んだりして、腸を柔らかくするイメージで行ってください。

起き上がったらまず白湯を一杯飲みましょう。いきなり冷たい水を飲むのは、腸にとっても身体にとってもよくありません。ぬるま湯位の温度の水を、身体にしみわたっていくようにゆっくり飲むのが効果的です。身体が温まり、マッサージで刺激を受けた腸が働きだします。

朝食もしっかりと食べましょう。便秘解消に効くヨーグルトに旬の果物を混ぜたもにはちみつをかけて食べると、ヨーグルトの乳酸菌、果物の食物繊維、ビフィズス菌を増やすはちみつの3つの効果が一度に得られます。

和食派の人は発酵食品である味噌を使ったお味噌汁に、旬の野菜や根菜をたっぷり入れたもの、プラス納豆で腸内環境を整えてあげましょう。

朝食の後は、ゆっくりトイレに座る時間を持ちましょう。

以上を毎朝の繰り返すと、徐々に朝の排便が習慣になってきます。

毎朝すっきりを目指して、ぜひお試しください。

ごぼうをたくさん食べて便秘解消

子供のころから、食べ物に気を付けていないと便秘がちになってしまう体質のようで、中高校生の頃は、毎日リンゴやバナナを朝食に食べるようにしていました。

年を重ねると、便秘も少しずつひどくなって行っている気がします。最近では、ごぼうをたくさん食べるようになって便秘が解消されました。ごぼうというと以前はめったに食べない野菜でした。食べたとしても、たまに作る煮物かきんぴらくらいで、量もそんなにたくさん食べないのが普通、という感覚でした。

意識を変えて、ごぼうをお肉と炒めて毎日たくさん食べるようにしてみました。すると、今までにないくらい毎日とても快調です。ごぼうを毎日食べるなんて習慣はなかったのですが、考え方を変えてみて良かったです。

けれど、毎日毎日同じものを食べるのはさすがに飽きてきます。かといって手の込んだものや色々な種類の食材が入ったものは続きません。そこで、次はごぼうと豚肉だけの煮物を作ってみました。シンプルで手軽に作りやすく、目先も変わって飽きずに食べることが出来ました。

気分によって、炒めものにしたり煮物にしたりしています。それでも飽きたら、今度はきんぴらに変えてみました。きんぴらはたくさん食べるものではない、という感覚でいましたが、便秘解消のためには、ごぼうの炒め物や煮物に負けないように多めに食べます。また、一日一食ではなく、出来れば昼と夜など、二食に分けて食べると、便秘解消に十分な量を食べることが出来ると思います。